お母さんはたいきくんのことが大好きだよ

日記

奥さんの体調が、とんでもなく悪い。

熊本でもほとんど動けなかった。

義実家での皿洗いだの、食事の支度だの、別に奥さんのかわりにやったつもりはないけれど、義両親は、私がそういうつもりでやってると思ったかもしれない。

しかし、よく仕事に行けるものだ。

家に帰ってくると倒れ込むように横たわって、じっとしている。

たいきのお迎えやお風呂は元々私がやっているけれど、家に帰ったときの出迎えもできない。


風呂からでたあとの世話もできないので、いつもはたいきに先に出てもらったりするのだけど、昨日今日はワンオペ風にやらなきゃならなかった。

たいきは浴槽に入るのが好きじゃない。

もう少し暖かかった頃は、私が体を洗っている間は洗い場で待たせてもよかったし、寒ければ先にでてもらえばよかった。

今日はそうはいかない。

寒いけど、私が体を洗い終わるまで待ってもらわなければならない。

風呂にはいってほしいなぁと思いながら、たいきに話しかけた。


「たいき、話を聞いて。」

たいきが神妙な顔をした。

テンションは伝わったらしい。

「お母さんが具合悪いでしょう。」

「うん」

長文の処理能力がどの程度あるのかわからないので、一言一言区切って話す。

「だから、今日は一緒にお風呂を出なきゃいけないんだ。」

「や、ひとりででる」

「うん。ひとりで出たいね。ごめんね。でも、お母さん、具合悪いでしょう。」

「たいのたいのとんでけ、する」

思わず笑顔になった。

たいきの頭を撫でる。

「そうだね。たいきは優しいね。痛いの痛いの飛んでいけ、ってしてあげてね。」

「うん」

深呼吸。ゆっくり話さなきゃ。

「あのね。お母さんの具合が悪いのはたいきのせいじゃないよ。」

「うん」

「たいきはなーんにも悪くない。」

「うん」

「でも、お母さんは具合が悪くて辛いんだ。」

「うん」

「お母さんはね、たいきのことが大好きだよ。」

「うん!」

「お父さんもたいきのことが大好き。たいきはお母さんのことが大好きだよね。」

「うん」

「お父さんもお母さんのことが大好きなんだ。たいきも、お父さんも、お母さんのことが大好き。」

「うん」

「だからね、お母さんが苦しいときは、二人でお母さんを守ってあげなきゃね。」

「うん」

「だからね、今日はお父さんと二人で一緒にお風呂を出よう。」

ずっとシャワーをたいきに当てていたので、暖かくて眠くなってのか、たいきはひとつあくびをした。

「いいかな。ごめんね。」

「おとうしゃんと、いっしょにでる」

なんとか交渉成立。

たいきを抱き締めた。

「ありがとう。お母さんはね、たいきのことが大好きなんだよ。お母さんは、たいきのことが大好きなんだからね。」

たいきは安心したのか根負けしてつかれたのか、頭をこてんと私の胸に預けた。


寝かしつけも私ひとり。

お母さんが寝かしつけに来てくれないのを、たいきがどう思っているのかわからないけど、たいきは素直にベッドに横になっておとなしくしている。

添い寝して背中をとんとんしながら、子守唄のかわりに「お母さんはたいきのこと大好きだからね。」と何度も話しかける。

たいきは何も答えずにじっとしていたけれど、安心したのかあっという間に眠ってしまった。

*ちなみに、交渉成立から風呂を出るまでの間にも「や!」「でる!」を何度か蒸し返され、その度に同じように説得したり、最後は無視して顔芸でごまかしたりして、結局自分の体は普段の三倍くらいのスピードで洗わざるを得なかったのは言うまでもない。

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,473人の購読者に加わりましょう