愛される理由、愛する理由

夫であること

きっかけがなんだったのかなんて

そんなことはどうでもいいじゃないか。

何かの縁で出会って

何かの縁で一緒になった。

それだけのこと。


大事なのは今日という一日。

明日という一日。

愛なんてものを、信じない。

愛なんてものに、甘えない。

一日一日の生活の中で

支え合い、励まし合い、認め合う。


愛されるには、理由がある。

愛するには、理由がある。

いつも相手を思いやり、

思いやりの心を、行動で示す。

「面倒だな」と一瞬思う。

私にとって面倒なことは、

相手にとっても面倒なこと。

だから自分がやる。

今やる。

すぐやる。

私にとって面倒なことは

相手にとっても面倒なこと。

だからやってくれたことに感謝する。

ちゃんと礼を言う。

労いの言葉をかける。


今日の自分は、明日の彼女に愛される資格のある自分だっただろうか。

明日も彼女は、私を愛してくれるだろうか。

明日も、彼女に愛される自分でいよう。

明日は、今日より愛される自分になろう。

ダメな男だった一日。

そんな日は、そんな自分を受け止めてくれた彼女に感謝する。

頑張った一日。

そんな日は、そんな自分を認めてくれた彼女に感謝する。


きっかけがなんだったのかなんて

そんなことに大した意味はない。

日々の想い。

日々の行動。

日々の感謝。

その積み重ねが、

愛される理由、

愛する理由。

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,697人の購読者に加わりましょう

アーカイブ

カテゴリー