たいきがばーばとお風呂に入った

日記

じーじもばーばもたいきが遊びに来ることを本当に楽しみにしてくれていた。

まだ2歳のたいきに、どうやって、じーじばーば孝行させるのか、こちらに来る随分前から考えていた。

お風呂のなかで、たいきに毎日聞く。

「たいき、もうすぐ熊本だよ。じーじとばーばと会えるよ。熊本に行ったらじーじとお風呂入ってみようか。」


「や。じーじ、こわい。」

うーむ。

前回の義両親との旅行では随分仲良しにしてたのに。

まあいずれにせよ、じーじは、まだたいきを一人では風呂に入れられまい。

これは、一応聞いてみただけ。

「そっか。じーじこわいかなぁ。お父さんはじーじ、大好きだけどな。」

とりあえず、お父さんはじーじ大好き、というのは毎日伝えた。

たいきの警戒心を解くためだ。

「じゃあ、ばーばとお風呂はいる?」

「や、おふろ、とーしゃんとはいる」


なるほど。

嬉しいこと言いやがって。

怖いと言われているじーじよりはばーばの方が距離は近い気がしてたので、とにかくまずじーじと風呂にはいる作戦を考えた。

で、まんまと銭湯(?)で成功したのは一昨日の記事に書いた通り。

次は、ばーばだ。


昨日の夜、ばーばがたいきに

「ばーばとお風呂はいろうか?」

と聞いた。

「や!とーしゃんとはいる!」

あっさりだった。

まあ、仕方ない。

勝負はここからだ。

たいきと二人でお風呂にはいって、早速たいきに話しかけた。

「たいきはばーば好き?」

「…」

“YES”を繰り返させることでこちらが“YES”と言ってもらいたい質問にも“YES”と答えてもらう古典的な話法。

ひとつ目の質問は失敗。

「今日は美味しいもの一杯食べたね」

「うん」

「どれも美味しかったね」

「うん」

「あれはね、みんなばーばが作ってくれたの。知ってる?」

「うん」

「ばーばはたいちゃんのこと大好きだって。美味しいものたくさん作ってくれたんだよ。うれしいねぇ。」

「うん」

「ぱーばはたいきと一緒にお風呂入りたいんだって。たいちゃん、ばーばとお風呂入ってあげられるかな?」

「…うん」

おー。よしよし。

一応成功だけど、この「…」の間、少し考えたのが気になる。

念を押しておく。

「ほんと!やったぁ!ありがとう!うれしいなぁ。約束ね。明日はばーばとお風呂。約束。」

「やっしょく」


今日、夕食後、お風呂のお湯をいれ始めた直後、ばーばがまたたいきに

「たいちゃん、今日はばーばとお風呂入ろうか?」

と聞いた。

たいきは、完全に聞こえないふりをして遊んでいた。

ばーばが二、三回、私も一回聞いたけど、全く無反応。

しかし、これはいい。

だって、昨日は秒で

「や!」

と答えていた。

それとは全然違う。

どうせまだ、すぐに入るわけじゃない、ということでいったん放置した。


結局「オフロガワキマシタ」みたいなことを給湯器が言ったあと、改めてたいきに聞くと

「いーよ!ばーばと、おふろ、はいる!」

約束と言ってたから入るといってくれたのかはわからない。

とにかくばーばと一緒に、ご機嫌でお風呂に入ったらしい。

なんとかこちらのミッションも達成できてよかった。

ばーばと3人でお散歩の図。

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,473人の購読者に加わりましょう