育児ってなんなの~ブログ開設1年目の締め括りに

お父さんであること

育児をテーマにブログを書きはじめて、今年だけで200以上の記事を書いた。

結局、私が考える育児ってなんだろう。

どうも、子供が生まれる前に想ってたのとは大分違う気がする。

そんなことをふと思った。


奥さんがつわりで苦しんでいるときに、飯を作る、皿を洗う、部屋を片付ける。

産婦人科についていって、プレパパ教室にいって、生まれてくる子供のための準備をする。

生まれてくる子供の名前を考えて、着せる服を考えて、はかせるおむつを考える。

奥さんの産休や育休のスケジュールを一緒に考えて、必要なら自分も育休を取って、夫婦二人の仕事と育児のバランスを調整する。

どうやら育児は、子供が生まれるずっと前から始まっている。妊娠がわかったその日から、父親は父親なのだ。


夜中に何度も起きて授乳する奥さんの横で眠たい目を擦りながら、奥さんを励ます。

毎日おむつを替え、着替えさせ、風呂にいれ、寝かしつける。

子供が熱を出せば、どうしたんだろう、何でなんだろうなんて考えながら、病院に連れていき、うんちの報告をし、薬を飲ませる。

夜何時に帰らなきゃいけないのか、考えながら仕事をして、ちゃんと時間に家に帰る。

眠ってる二人のことを考えながら、洗濯物を干し、食器を洗い、あしたのご飯の支度をする。


子供に触れている時間だけが育児の時間じゃない。

父親である時間、夫である時間、家族のことを考える時間全部が、育児。

皿を洗っているとき、洗濯物を干しているとき、撮った写真を義実家にLINEで送るとき。

私は自分が父親だなぁと思う。


子供の生活の全てを知っているつもり。

子供の成長を全部見ているつもり。

いつも子供のことばかり考えてるつもり。

それでも、いま、子供がなんで泣いてるかわからない。

何をいってるのかわからない。

だから、一生懸命考えて、悩んで、ときにはあきらめて。

でも、わかると嬉しくて。

一つ一つわかることが増えていく。

そうやって子供に向き合い続けることが、育児。


さて、私はどれくらい父親だったろう。

パートナーである母親と、二人して、顔を見合わせることもある。

お互い、完璧な親とは程遠い。

でもそれでいいのだ。

二人いるんだから。

二人で1.3人前くらいの親がやれれば、十分上等だ。


やってみなきゃわからない。

なんでもそうかもしれないけど、育児は本当にそうだと思う。

まだまだ一人目、まだまだたったの二年半。

来年は3才児の父親一年生になる。

手探りは、ずっと続いていく。

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,500人の購読者に加わりましょう

アーカイブ

カテゴリー