たいきはしゃけご飯を自分で作れるようになった

日記

今朝はしゃけご飯を食べたいとたいきが言ったらしい。

たいきが起きても私が寝ぼけ眼のままだったので、奥さんがご飯をよそって、シャケフレークのふたを開けてビンをたいきに渡してくれた。


たいきはいつもお父さんとお母さんがやってるのを見ているから、どうするのかはわかっている。

シャケフレークのビンにスプーンを突っ込んでご飯にかけようとした。

しかしまあ、初めてのことでうまくいくわけはない。

スプーンに力が入りすぎて、勢いあまってシャケをひとさじ分を床に盛大にぶちまけた。

たいきが「あ」という顔をする。

いや「あ」といったかもしれない。

「いいんだよ。お父さんが片付けるからね。」

たいきはうなずいて、先割れスプーンのフォーク部分に刺さったシャケを見つめ、そのまま口に入れた。


とりあえず床に落ちたシャケを拾いながら、たいきの様子を見る。

あきらめて「おとうしゃん、やって」といいだすかと思ったら、そうではない。

またスプーンをビンに突っ込んで、もう一度シャケをぶちまけた。

はぁ。

「お父さんがやってあげようか?」

という言葉がのど元まで出るけど、いったん飲み込んだ。

口つけたスプーンをあんまり保存食に入れてほしくはない、なんてつまらないこともちょっと考えて、どうでもいいやと考え直す。

だめになるなら捨てればいい。

たいきが自分でシャケご飯を作ろうとしていることとくらべたら、本当にどうでもいいことだ。


たいきはスプーンに残ったシャケを見つめている。

これは結構塩味がきついから、あんまりそのまま食べてほしくはない。

「たいき、それはご飯にのせて食べてね」

たいきはうなずくと、シャケを不器用な手つきでご飯にのせた。

そして、スプーンに刺さった残ったシャケをまた口に入れる。

「たいき、シャケはご飯と食べるんだよ」

ちゃんと理解したようで、たいきはご飯を見た。

しかしご飯を見て明らかにシャケの量が足りないと思ったらしい。

三度、スプーンをビンに突っ込む。

またぶちまけるかなぁ。

やっぱりそろそろ選手交代したいなぁ。

しかし、たいきはちゃんと学習したようだ。

今度はシャケをぶちまけはしなかった。

あまりたくさんはすくえなかったけど、ちゃんとスプーンにシャケを載せて、ちゃんとこぼさずご飯にのせられた。

「おお、すごいね」

たいきはこちらを振り返りもせずに、もう一度スプーンをビンに突っ込んだ。

とにかくシャケご飯を食べたいのだ。


食欲は偉大だ。

ビンとご飯の間をスプーンが何往復かすると立派なシャケご飯になった。

そして、たいきはそのままこちらを見ることもなく、シャケご飯を食べ始めた。

「おいしい?」

「うん!」

自分で作ったシャケご飯の味は格別だっただろう。

たいきはその後おかわりまでして、とても満足気だった。

最近一段飛ばしをしようとするようになった

たいきのパパをtwitterでフォローする