保育園の先生のしかり方

お父さんであること

たまたま、男性の先生がたいきをしかっているところに出くわした。


たいきが、1才のお友だちが読んでいた絵本を横から取り上げてしまった。

なかなか気丈な子で、泣きはしないもののもちろん悲しそうにしている。

一生懸命とられまいとしていたけど力の差は歴然。

手を伸ばして取り返そうとしても届かない。

すると目の前に座っていた先生が、たいきから絵本を取り上げた。

乱暴ではないけれど、意思の強い決然とした取り上げ方だった。

「たいちゃん、お友だち(本当は◯◯ちゃん、と名前を読んだ。以下、同。)が読んでる本をとっちゃダメでしょう?お友だちのをとるなら、先生もたいちゃんのをとるよ。」

たいきは目をそらして他のおもちゃを見ている。

「たいちゃん、先生のお話を聴いて。先生のお話を聞かないやつ…エヘン、聞かない子は先生いやだな。」

私が近くにいたから、やつ、を言い直したのかもしれない。

私は気にしないけど。

邪魔にならないように、私も先生と同じテンションの顔でたいきを見つめる。


たいきはおもちゃに手を伸ばしてつかんだ。

先生がそのおもちゃも優しく取り上げた。

「先生のお話を聞いてくれない子のお話は、先生も聞かないよ。」

たいきは相変わらず床を見ている。

どうなるのかな。

「たいちゃん、お友だちの読んでる本をとったらダメでしょう。わかるよね。」

たいきが床を見たまま、小さく小さくだけど、うなずいた。

「お友だちに、ごめんねできる?」

たいきはもう一度小さくうなずいた。

「じゃあ、ごめんねしよう」

たいきがお友だちの頭に手を伸ばして、頭を撫でながら

「ごめんね」

と言った。

「たいちゃん!よくできたね!」

といって先生がたいきの頭を撫でる。

「じゃあ、ちゃんと絵本もお友だちにどうぞって返してあげて」

といって絵本をたいきに渡した。

たいきはそれを受けとると、ちゃんとそのままお友だちに「どうじょ」と言って渡した。

そしてもう一度「ごめんね」と言った。

先生が「良くできたね」ともう一度たいきを誉めた。


これで終わりかなと思ったので、私もまずはそのお友だちに「◯◯ちゃん、ごめんね」と言って頭を下げた。

最近いつもこの時間に一緒にいる子だ。

私が「たいちゃんのおとうさん」であることはちゃんと知っているし、抱っこをせがまれて抱っこしてあげたこともある。

まだ言葉はでないけど、表情は明るくなった。

「◯◯ちゃん、たいきがごめんね。◯◯ちゃんは泣かないんだなぁ。すごいね」

と言って頭を撫でてやると嬉しそうに笑った。

それからたいきに向き直って

「たいきもちゃんとどうぞってできて偉かったね」

と言ってアタマをなでると、たいきも安心したように笑顔になった。


こんな風にはなせばわかるものなのか。

いや、普段からのコミュニケーションの質の問題もあると思う。

私がいきなり同じことをしても同じにはならないかもしれない。

でも、こういう姿を目指して、落ち着いてきちんと話せば、ちゃんとわかるのだとわかった。

見ることができてよかった。

よく反芻して、同じようにできるように覚えておきたいと思う。

【関連】

どうでもいいルールを決めることについて