月夜の寝かしつけ

日記

今日は月がきれいだった。

家に帰るとお母さんがいない。

たいきは

「おかあしゃん、いないねえ!」

と、でも元気な声で言った。

YouTubeを見て、ヨーグルトを食べる。

おかわりもした。

風呂をいれて、たいきがYouTubeに飽きるのを待つ。

いや、待っても飽きないんだけど。

丁度、生協の食材が来てたので冷蔵庫にいれたり、洗い物をしたり。

とりあえず待つ。

ひとしきり見て、ヨーグルトのおかわりも食べ終わったところで

「お風呂入ろう」

と声をかけると、ちょうど始まった新しい動画から目を離さずに

「こえ、みてから」

と、たいきはいった。

「いいよ。それが終わったらお風呂ね。待ってるよ。」

と言ってたいきの後ろに座ってスマホを取り出した。

と、30秒くらいでたいきがiPadを閉じた。

「おふろ、はいる」

おや。

いつもよりずいぶん素直だ。

まあ、文句はない。

一緒に風呂場に行き、いつもよりたくさん風呂場で遊んで、風呂から出る頃にはたいきはあくびをし始めた。

あれてるところには軟膏を塗ってやり、あとは身体中に保湿剤。

おむつも寝巻きもスムーズに着た。

ここからベッドに連れていくのだけど、どういうわけかここからベッドに連れていくところは、まだぐずったことはない。

ベッドにいったあとも二回

「おみじゅ、のみたい!」

と言って台所にいった。

コップに自分で氷をいれて、

「おとーしゃん、かんぱい!」

と言って私にも水を飲ませて、

自分でベッドに戻っていく。

暗い部屋のベッドの上でミニカーで遊びながら

「おかーしゃんは?」

今日はちょっと遅くなるよ。

「おかーしゃん、もうしゅぐ、かえってくるねえ!」

そうだね。

なんていいながら、気づいたら眠ってしまっていた。

両手にしっかりミニカーを握りしめている。

寝顔は本当に天使。

明日もいい日になるだろうか。

深い眠りに落ちたたいきは、ほっぺにキスをしても起きなかった。

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,556人の購読者に加わりましょう

アーカイブ

カテゴリー