朝、急いでいるのにおむつを頭にかぶせろと言う

日記

もう2週間くらい続いているせきが、昨夜も何度か出ているようだった。

一時の、出始めると止まらない感じはもう無いけど、なんとなくケホケホしてる。

先週末で薬も切れたので、今朝もひどいようなら病院に連れていこうかと思ったけれど、待ち構えていると逆に意外とでない。

ギリギリまで迷ったけれど、鼻水も止まってるようなので保育園に連れていくことにした。


ご飯もご機嫌に自分で食べて、あと10分くらいで着替えさせれば出られるというところ。

まあ、服選びで多少もめても間に合うだろうというところ。

とりあえずおむつを脱がさせてもらう。

日によってはここから大乱闘だ。

今日はスムーズな出だし。

ほっとする。

じゃ、おむつはこうか。

と、たいきがいやがり出した。

「ぱんちゅ、いや!」

むー。

おむつの袋を渡して、自分ではきたいおむつ(と言っても全部同じだけど)を選ばせようとしてもダメ。

しかたなくもう一度トライ。

「いーやー!おむちゅ、や!あたま!」

お!

今ヒントが出たぞ。

とりあえず頭に被りたいの?

頭にかぶらせたところで先は見えない。

しかし今のままでも先は見えない。

同じことならとりあえず要望を聞く。

「そっか、オムツはあたまだったね!」

頭にかぶせようとする。

おむつが頭に触れた辺りで、たいきがご機嫌そうに笑いながら言った。

「ちがうちがう、こっち!あんよ!」

ほほう。

なめた真似を、と思うがここは冷静に。

「あれ?違った?あ、そうか、こっちか~」

言いながらおむつをはかせると、今度はスムーズにはいた。

よし。

次はタンクトップだ。

タンクトップを頭にずぼっと被せると、また暴れだした。

「いーやー!こえ、や!」

んー。

とりあえず一度は脱がせてやる。

「これ、あんよ!」

何を勘違いしてるのかわからないけど、とにかくタンクトップをはかせてやらないと落ち着く気はしない。

しかたなく足をタンクトップに通してやる。

首の穴を通すか腕の穴を通すか少し悩むが、悩んだところで意味がないことはわかっている。

わかっているんだけど、一応腕のところにしようかなと思ってそちらに通そうとしたとき、たいきが笑った。

「うふ~、ちがうちがう!あったま!」

な、なるほど。

そういう遊びでござったか。

足から抜いたタンクトップを頭にかぶせると、今度は嬉しそうに腕を通してくれた。

で、次は長袖のストライプのカットソー。

ここは、とりあえず頭から。

「や!あんよ!」

そうよね。

今度は悩まず、足の通しやすい首の穴に勢いよく右足をずぼっと通してやる。

たいきはキャッキャ言って喜んだ。

「おかぁ、、おとーしゃん!ちがうちがう!あったっま!」

「あれー?そうだっけ。これは頭かぁ」

「あ、ほんとだ。これは頭だったね!よくわかったね!すごいな~。教えてくれてありがとう!」

頭を撫でて抱き締めてやると、ひげが痛かったのか、逃げ出した。

よし。

後2分で靴はいて出ればいい。


この後、お気に入りのおもちゃを登園バッグに詰め込もうとして、入りきらずに怒ったり、お菓子を食べたいと言い出したりしたものの、なんとか時間に間に合った。

保育園で先生に抱っこされたたいきは、すでに眠たそうだった。

今日は朝は17度くらいだったけど、昼頃は20度を越えるらしいので、着替えは半袖を用意。

保育園の着替えストックに、一応長袖も一枚あるのは確認した。

帰りは半袖だろうから、寒いようなら何か羽織るものを一応持っていくかなぁ。

等と考えながら保育園を後にしたのだった。

どうしてもショベルカーが見たくて工事現場を覗きこむたいき