たいきは「ありがとう」が言えなかった

日記

最近保育園に行く途中の道で工事をしているらしく、何台もトラックが止まっている。

中に、ショベルカー(バックホー)も止まっていて、たいきはここのところ毎日それを嬉々として眺めている。

今朝も早めに集まった工事の人達がたむろする中、たいきはショベルカーを眺めていた。

少し時間があったので、いつもより長く見ていることができた。


「しょべるかー、おっきいねえ!」

などと目を輝かせながら身ぶりまでつけて感嘆していると、工員さんのひとりがトラックのに入ってすぐ出てきたと思うと、こちらに向かって歩いてきた。

ヘルメットに日焼けした顔で、無精髭の、多分30才前後のお兄さん。

何かなと思っていると話しかけてきた。

「ショベルカー、好きなんだねぇ。これをあげるよ。どうぞ。」

といってなにかを差し出した。


たいきは工員さんがおっかないのか、固まっている。

「たいき、ほら、くださるって。いただいていいよ。」

と促すと、恐る恐るてだけ伸ばして受け取った。

見ると、たいきの手のひらくらいの大きさの、ショベルカーの描かれたマグネット(冷蔵庫とかに張るやつ)がふたつ。

たいきはちょっとビックリしながらも嬉しそうにした。

「うわあ、たいき、いいものいただいたね。ほら、ありがとうは?」

昨日、このブログに「たいきはありがとうと言えるようになった」と書いたばかりだ。

ここは、しっかりありがとう言えるかな?

と思ったら、たいきはお兄さんを見つめたまま固まっている。

怯えておるというほどではないけど、明らかに緊張してる。

お兄さんが笑いかけてくれるのに、なにも反応できない。

「たいき、ありがとって」

動かない。

しかたないので、私から丁重にお礼とお詫びを言った。


なかなか思う通りにはならないもんだ。

まあ、そりゃそうだ。

気に病んでもしかたない。

バイバイもできなかったたいきに、お兄さんはそれでも笑顔で手をふってくれた。

超いいひとだ。

しかし、工事現場であのお兄さんはなんでこんなもの持ってるんだろう。

普段から配ってるのかなぁ。

そんなわけないかなぁ、と思いつつも謎は深まるばかり。

夜、早速マグネットをひとしきりいじると、ブロックをさわりはじめて、なんとショベルカーを作ってみせた。

あまりの出来に奥さんと顔を見合わせてびっくりしたのだった。


【追記】

フォロワーさんから、このマグネットの正体を教えていただきました。

しかし、なんたる機転。神なのか。