日記(なだ万、MORE’s、たいきくん)

日記

今日はたいきの誕生日祝いということで私の実両親と会食。

場所は横浜高島屋の「なだ万」。

一応、祝い事でもあり、年一回くらいしか会わない相手でもあるのでそれなりにちゃんとしたところ。

去年はたしか横浜のシェラトンホテルの日本料理屋だった。

本当は、2歳のたいきを抱っこし続けるのはしんどいので座敷がいいと奥さんは言っていたのだけど、なぜか先方が高島屋を希望。

気軽に言ったのだろうが、えらい迷惑。

予約をとってくれた奥さんによると、横浜高島屋で個室があって、4-5人でランチでちゃんと会食できるのはなだ万とKIHACHIくらいしかないらしい。

残念ながらテーブル席。


なんとか会食はほぼ無事終了。

一応「たいきちゃん」と呼ぶことだけはやめるように伝えた(詳しくは『いつの間にか「たいき君」は「たいき」になっていた』参照)。

たいきと奥さんに大感謝。

2時間の席予約だってらしいけど、終わってみるとなんだかんだ3時間いた。

はやくしろと言われるでもなく、ちょっと不思議。

2時間の会席料理は、子連れだとどうしたってこのくらいかかるのかな。

子供向けの料理は味付けが薄くて、1才半くらいの頃なら喜んで食べたかもしれないけど、最近は大人とあまり変わらないものを食べてるたいきはあんまり食べなかった。


私は、とにかく色々あって自分の親とは接点を極力持ちたくないので、この辺の調整も含めた実家とのやり取りは、申し訳ないけど奥さんに頼りきり。

ここは、どうしても無理。

私の中では、実家との関係はほぼ冷戦というか、戦争状態。

奥さんにはお詫びしかない。

奥さんによると、実家とのやり取りは面倒には違いないけど、何があろうが私が実家の味方をすることもなければ、そもそもいつ関係を切ってもいいような中で、あえて自分の意思でやっていることなので、いわゆる長男の嫁的なストレスは無いらしい。

確かに今回の会食も、もう不要なのではないかと私は言ったし。

まあ、とはいえ、奥さんにとってもこの連絡係はなんのメリットもない。

申し訳ないことにはかわりない。


帰りに寄った東急ハンズでオムツ替え。

多目的トイレが若干狭かったのと、オムツ台のわきの、普通オムツを替えるときにみんなが立つところに開扉のセンサーがあって、オムツをかえてたらいきなりドアが開いたのが、今日のハイライト。

なんか、外出中のオムツ替えのトラブルについて書いてない子育てブログは偽物でリアリティがない、という思想の人がいたので、一応このことも今日書こうと思って写真も撮ってきた。

【オムツ替えにはトラブルがないと気が済まないという、リアリティ追究型アカウントはこちら】

この圧倒的な視野の狭さと決めつけ思考が奥さんに逃げられた理由だと思うけど本人は気付いてない。趣味はジョギングらしい。

帰りに3階の「April fools」という店で、はらぺこあおむしのトートバッグとTシャツ(子供用)を衝動買い。

トートバッグはあおむしがふとっちょになったところの絵。

保育園の登園バッグは、週明けからこれに変えよう。

帰宅後、奥さんによると両親からのメールだかメッセージだかは全部「たいきくん」に統一されたらしい。

会食中は、やめろといったあとも何回か「たいきちゃん」と口走っていたので、どうしようか思案していたところ。

余計な手間がなくなってよかった。

今日はお昼寝できなかったので、風呂にはいる前にたいきは私の布団で寝てしまった。

起きて怒り出したら自分のベッド(奥さんの寝室)に連れていこう。

それまではしばらくこの寝顔を眺めていようか。

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,562人の購読者に加わりましょう

アーカイブ

カテゴリー