CDとレコードの違いをどう説明するのか

日記

たいきがオーディオセットの前でだっこしてくれと言った。

レコードで「クルミ割り人形」が流れているのだけど、どうも気に入らないらしい。

抱っこするとたいきの大好きな「ぱんぱかぱんぱんぱーん(おかいつのベストアルバム)」のCDが目にはいった。

これを聞きたいという。

もちろん「いいよ」と言った。

CDを手にとってプレーヤーに入れようとすると、たいきが騒ぎだした。


最近、たいきは自分でCDをプレーヤーに入れられるようになった。

ボタン操作もそこそこできる。

<参考資料>

でも今日は、自分でこれをやりたいわけでもないらしい。

レコードを指差して

「こっこ!」

と言っている。

そうかぁ。

お父さんのレコードはここで、CDは下。

なんかそれが納得いかないんだな。


「レコードとCDは違うんだよ。」

まるで納得しない。

うーん。

レコードをCDのステージに入れようとしてみせてみる

「ほらね。レコードはこっちに入らないでしょ。レコードは上、CDはこっちなの。」

まったくだめ。

「う゛ーー。こっこ!!!」

しかたない。

CDをレコードの上にのせてやる。

たいきの鼻息が荒くなった。

期待に胸が膨らんでいる様子。

レコードの針って多分結構繊細なんだよなぁ。

レコードじゃないものの上に落としても大丈夫なんだろうか。


まあ、3ヶ月に一度は買い直す消耗品。

2-3000円位するし、変えたばっかりだけど、たいきが興味を持ってるならしかたない。

意を決してCDの上に針を落とす。

アームが滑っていって、自動的にもとの場所に戻ってしまう。

そりゃそうだ。

「うーーー」

たいきは怒ってる。

もう一度。

同じことが起こる。

たいきは残念そうだけどまだ納得していない。

もう一度CDの上にレコード針を落とす。

アームが滑っていって、自動的にもとの場所に戻ってしまう。

「ほらね。ここじゃないんだよ」

『うん』

たいきは意外と満足げだった。

針も無事っぽい。

朝から行われた夏休みの自由研究っぽいプチ実験の報告は以上です。

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,491人の購読者に加わりましょう

アーカイブ

カテゴリー