お風呂出たあとの最後の試練

日記

お風呂はいるまではご機嫌だったものの、眠さが最高潮に達したたいきはご機嫌最悪。

服を着ない。

一度は無理に着せたけど脱いだ。

どうしてもお母さんに着せてほしいんだろう。といって、お母さんはまだまだ帰ってこない。

ずーっと

「えー!あー!あーーーっ!」

と泣き叫び続ける。


こういうときはとにかく共感するしかない。

「そっか、服、やだったね。」

「ごめんね。」

「おかあさんがいいね。」

『ままーーー!』

ようやく言葉が出た。

いつもは『おかあしゃん』なのに『まま』になってる。よほど眠いのだ。

「おかあさんがいいね。」

「おかあさん、もうすぐ帰ってくるよ」

『ままーー!ままーーー!』

『あ゛ーーーーーー!!!!』

よし、会話ができた。

とにかくまずは服を着させることだ。

「そうだ。お外におかあさん、お迎えにいこうか」

「お迎えにいったらお母さんに会えるよ」

「お外にいこう」

『うん』

『おしょと、いく、おかあしゃん』

よし、おかあさんになった。

ピタリと泣き止んだ。


「お迎えにいくなら、服着よう」

『くゆま、きりゅ』

さっき着せた服とは違うパジャマを指定された。

「よし、車の服、着ようね」

嬉しそうにうなずく。

幸い自動車がらの寝巻きは洗濯済み。

おとなしく着てくれた。


そのままたいきは玄関に向かう。

そりゃそうだ。

おむかえにいくために服を着たのだ。

たいきとの約束は破れない。

もちろん、奥さんが帰ってくるまで外で待つわけじゃない。

このまま外で寝かしつけるしかない。

考えてる間に、たいきは自分で靴を履いた。


表へ出ると曇り空。

星も月もないけど、風は気持ちいい。

たいきはしばらく歩いて、何かの拍子に転んだ。

「大丈夫?どこか痛いとこある?」

『てって』

チャンスだ。

「うわー、痛かったね。」

「よしよし、だっこしてあげようか?」

『だっこ』

ようやく抱っこできたけど、まだもう一歩。

からだが離れてて寝る体制にならない。

ベッタリしてもらわなきゃ。

「ねないこ、だれだ~?」

いつも読んでる絵本の台詞。

「たいき、もう夜だからね、ちゃんとお父さんにつかまっててね。おばけになってとんでいけー!って、お化けが来るかもしれない。」

たいきの表情が固くなる。

あたりをきょろきょろしてる。

お化けを探してるみたい。

いかん。ちょっと怖すぎるかな?

「たいきは大丈夫だよ。」

「お父さんがちゃんとだっこしてるからね。」

たいきはすこし安心したような顔をして『うん』とひとつうなずくと、抱きついてきた。

よーし。

あとは歌うたうだけ。


「なにか歌を歌ってあげようかな」

「とりでいいかい?」

返事はないけどとりあえず歌い始める。

おかあさんといっしょの、とり。

♪とべないとりは、走れるとり

♪大地をかける勇ましいダチョウ…

おとなしく聞いてる。

よかった。

一応お迎えにいってる体だから、すこーしずつ前には歩きながら歌う。

2回歌って様子をうかがうと、体勢を変えずに『もういっかい』といわれた。

まだ起きてたか。

そのままあと5回歌うと、寝息らしきものが聞こえてきた。

顔は見えないから、そっと靴を脱がせてみると、なにも言わない。

どうやら眠ったらしい。


やれやれ。

部屋に戻ってベッドに置く。

いや、確かにたいきはそのとき目を開いた。

目が合った。

起きたらまた外に出る覚悟はできている。

と、その気持ちに安心したのか、たいきは目を閉じてそのまま寝息をたて始めた。


今日はふたりでお出掛けもした。

とても疲れただろう。

おやすみ。

いい夢を。

たいきのパパをtwitterでフォローする