子育てを考える, 人気記事

『俺は明日仕事だから眠れないと困る』

子供が夜泣きをする。

多くの男性がこう言うらしい。

「俺は明日仕事だから眠れないと困る」

確かに一家の収入源は彼だけだったりするんだろう。

でも、その仕事、人の命かかってますか?

人の命預かってるお医者さんは意外と24時間勤務とか36時間勤務とかしてる。

それがいいわけじゃないけど、そんな36時間勤務のあとの8時間睡眠からの翌日また12時間の手術、みたいな仕事ならしかたない。

それこそ社会なり病院なりが悪いのだけれど、なかなか個人のちからでどうなるものでもないらしいから、そういうひとはどうぞ寝てください。

で、問題はたかが14時間勤務くらいの普通のブラック企業勤めの旦那さんだ。

しかも営業だの開発だの。

別段人が目の前で死ぬわけでもない仕事。

そんな仕事で「俺は明日仕事だから」等といっている場合ではないのだ。


奥さんは明日一日子供を見ていなきゃいけない。

夜泣きするくらいだからせいぜい12ヶ月くらいまでの子供は、目を離すとすぐ死ぬ。

何しろ寝てるだけでも、寝返りだの、寝ゲロだので死ぬのだ。

じゃあ目が覚めていれば安全?

そんなわけはない。

起きてたって寝返りはうつし、ゲロもはく。

大体、遠くにいても「生きてるな 」と安心できるのは泣いてるときくらいのものだ。

もちろん泣いていればおむつを変えたりおっぱいあげたり、着替えさせたり大忙しだ。


ほぼ片時も休めない。当然、一時間の昼休みなんかあるわけがない。

何しろ命がかかっているのだ。

それをやりながら、掃除だってしなきゃいけないし、ご飯だって食べなきゃいけない。

子供が熱でも出そうものなら、そんな緊張感のなかで出掛けるしたくをしなきゃいけない。

着替えて化粧して、おむつ、おしりふき、おむつを捨てる袋、オムツ替えシート、保険証、医療証、哺乳瓶やらミルクやらお湯やらタオルやら子供の着替えやら自分の着替え(ゲロを吐かれたときのため)やらおもちゃやら絵本やら、直近のうんちのついたおむつやら…

まだなにか抜けてる気がするけど、あ、財布とケータイだ。


とにかく、1日子供をみるというのは大変な仕事なのだ。

夜のうちにしっかり睡眠をとっておかなければならないのは外で呑気に仕事してる旦那の方ではない。

奥さんの方なのだ。

なにしろその睡眠不足から来る5分の気の緩みが、子供の命にかかわるのだから。

授乳中にお母さんが寝落ちして窒息死なんてケースだって普通にあるのだ。

そのことは、子供の命を守るためにしっかり認識しておいて下さい。

このくらいになるとそんなに簡単には死なないけど、ベランダからの落下とか誤飲とかがこわい

【関連】

虐待をするのはどういう人なのか(ワンオペと虐待について)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください