ワンオペやってみた!系のアレ

日記

週末旅先で高熱を出していた(旅先で子供が熱を出した)たいき。

月曜日には快復していたものの、火曜日に旅先から帰って来て、今度はせきをし始めた。

昨日、つまり水曜日は保育園に連れていったものの、お迎えにいくとやっぱりせき。先生が言うにはうんちも緩く、表情も一日中さえなかったらしい。

見ると、確かに目の下がくまのようになっていて顔色はよくない。これは、もう一日無理すると確実に体調をひどく壊すやつだと確信する。

こんな予想、当たるか外れるか知らないけれど、当たってもいいことはなにもない。明日はお休みしますとその場で先生に伝えて帰宅。

家で過ごさせるなら環境は整えておかなければ。たいきが寝たあと、夜のうちに部屋を片付けて掃除機もかけた。


朝はいつも通りたいきに起こされて7時に起床。

ふたりで奥さんを仕事に送り出す。

病院は9時からやってるけれど、多少ゆっくりでもいい。

コレナンデ商会を見せておいて朝御飯のしたく。

買ったばかりのぞうさんのお皿に冷凍のハンバーグとチキンライスとキュウリを盛り付ける。

どうせハンバーグしか食べないだろうと思ったけど、緑と赤のきれいなプレートが出来た。ハンバーグは完食。チキンライスもすこしつまんでくれた。上出来。

残ったキュウリとチキンライスがおとうさんの朝御飯。

すでにいないいないばあも終わって、オトッペが始まっている。


「たいき、おきがえしようか。お父さんとお出掛けだよ。お医者さんに、こんこん治してもらおう」

「や」

「お父さんとお出掛けだよ?」

「おーしゃんとおいぇかけ、や」

「先生のとこ」

「しぇんしぇー、や」

なるほど。作戦変更。

「そうだ!ジュース買いにいかなきゃ!ジュースのみたい人!」

「ヽ(*´∀`)ノ♪はーい!」

「ジュースおとうさんと買いにいく人!」

「ヽ(*´∀`)ノ♪はーい!」

「よし!じゃあお着替えしよう!」

「や」

「えー、ジュース飲む?」

「じゅーしゅ!のむ!」

「じゃあジュース買いにいくか!」

「うん」

「よし、お着替えだ!」

「や」

話が一向に進まない。

仕方ないので下着、ズボン、シャツを片っ端から並べて選ばせると、なんとかこれと言うのは決まった。

「よし、まずおむつかえよう!」

「や」

「…ちんちんもげちゃうよ?」

「おむつ、や」

ご機嫌はいい。

この後なんとかご機嫌なままおむつ替え、服は上から下まで3セット着替え直してようやくご納得。


昨日から腰がいたい。

こちらも夏バテぎみなのだけれど、もう会話を再現するまでもなく「ベビーカー、や」をやって、抱っこでお出掛け。

病院にいって、先生に「まだ何にもしてないのになんで泣くの!」とぶちギレられつつ最後はいつも通り「あっと(ありがとう)、バイバイ」と笑顔で退出。

約束通りドラッグストアでジュースを買って、マクドナルドでたいきの好きなポテトフライを買った時点で10:30過ぎ。

家に帰ると仕事の電話が5件たまってる。YouTubeをつけてやって電話。しかし、通話中ずっと「アンパンマン!アイシュ!」と、私に向かって叫び続ける。

みんな苦笑しながら、さくっと電話を終わらせてくれて助かった。

全部終わってたいきの近くにいくとうんち臭い。

「うんちしたね!おむつかえよう!」

「ぱんつ、や」

犯人はとうとう説得には応じず。

強制突入を敢行し、ようやくおむつかえたのが12時過ぎ。

そこからずっと「ぱんちゅ!や!ぱんちゅ!や!ぱんちゅ!や!!!!」を繰り返し続ける。

とりあえずあまりにもかわいいので動画にとって奥さんの実家のライングループに送信。

しかし、それにしてもずっと叫んでいる。

長い。

あー。

これは、おむつが嫌なんじゃなくて、眠くてぐずってるんだと気付き、抱っこ。

寝そうになるけど寝てない、というのをモーツァルトのクラリネット協奏曲とバスーン協奏曲を2回ずつ聞く間やって、ようやくベッドにおいた。

玄関先におともなく届いた生協の食材の山を部屋にいれると、もう、汗だく。

疲労困憊。

時計を見ると13:30。


まだ半日も終わってねぇ…

ワンオペっていうか、まだ半日弱だけど、こんなに大変ではなかったよ。前は。

たいきの体力がすごい。

目を離しても死なない、というのはものすごく大きな成長で、トイレにいったりご飯のしたくしたり、ずいぶん融通は効くようになった。

その分だけ別の体力を使うようになった。寝顔を見ながら嘆息。相変わらず万歳の姿勢が可愛い。

たいきももうすぐ2歳になる。

【続き】

たいきはおとうさんの抱っこを覚えていた