たいきはお風呂が嫌なのか、パパが嫌なのか

日記

「お父さんとお風呂はいる?」

「おふろ、いや」

「お父さんと入ろうか?」

「とーしゃん、や」

「お風呂はいる」

「や」

「じゃ、お父さんお風呂はいってこようかな」

「じゃあね、ばいばい」

「えー、たいきもお風呂入ろうよ~」

「おふろ!いやぁぁああ~~!!びええ~~~ええ!(泣)」

「お、おお、ごめんごめん、おふろ嫌なのね」

「やあえぁぁぁぇぇ~えええ!!!」

「そっか、じゃあお母さんとはいる?」

(いきなり笑顔で)「うん!」

うん、そこ、まじ即答なのね。

そんなにうなずくと首もげるぞ。


そんなに嫌われることをした覚えはないんだけどなぁ。

保育園の送り迎えは相変わらずべったり抱っこだし。

お風呂でたあともすなおに着替えさせてくれるし。

ご飯だってわざわざ自分のとなりを指差して「ここ!」って私をそこに座らせて給仕させるし。

なんでお風呂だけかたくなにパパ拒否なんだろう。

もう、お父さんと入ってくれないんだろうか。

恋人にずっと会えないような気持ち。

悲しい( ω-、)

【関連】

最後の日のことはいつもなにも覚えていない

寝かしつけの思い出