日記2018/5/28

お父さんであること

毎日毎日たいきの朝の世話はわたしの担当。

ご飯を食べさせて、着替えさせて、保育園に連れて行く。

このたった三つの行動が、最近は本当に大変。

ほんの数週間前まで、朝は2人でラブラブ気分だったのに。

いまはさながら戦場のよう。

ご飯を用意しても食べない。

用意したものじゃないものを食べたがる。

冷蔵庫の前で唸り声をあげて「抱っこ!」と叫ぶ。

冷蔵庫の中を見せろ、というわけだ。

着替えも嫌がる。

いくつか服を用意して選ばせるとか、もちろんやってる。

お父さんが着ちゃおうかな〜とか言って着ようとして見せたりもする。

まあ、引っかからないし、着ない。

オトッペが終わるともう、時間はギリギリ。

身をよじって嫌がるのを無理やり着せるしかない。

登園は本当にバトル。

ベビーカーは完全拒否。

手をつないで歩きたがるが、もう時間がない。

あばれるたいきを抱えて保育園にダッシュする。


ところが、保育園では結構素直にご飯を食べる。

着替えだって嫌がらないらしい。

土日に奥さんがご飯食べさせると、比較的素直に食べる。

着替えだって奥さんがやるとおとなしく着替える。

奥さんと出かけるときはベビーカーにだって乗るらしい。

コンチクショウ、と思う。


それでも、たいきはかわいい。

たくさん甘えてくる。

散歩に行くといつも抱っこをせがまれる。

たいきが一番わがままを言い、一番甘えたい相手が私なのかもしれない。

と、思うことにした。

もちろん、お母さんにだって甘える。

わがままも言う。

いつもおっぱいをほしがっている。

それはそれでいい。

お母さんに甘える甘え方。

お父さんに甘える甘え方。

違っていい。

なんでも聞いてあげられるわけじゃない。

イライラすることだってある。

でも、私に「いや!」「ばいばい!」というのは、安心感があるからなのだ。

いつまでもわがままを言われるお父さんでありたい。

笑顔で「ごめんね」って、明日もたくさん言おう。

お着替えしよう、と言われてお父さんが見えないふりをするたいき