お父さんであること

子供がパパになつくのは珍しいのか

先日家族の結婚式に出席して、久しぶりに親族やら親戚やらに会った。たいき初披露の相手も多かった。

まあ、まあ、可愛いわねぇ、たいへんでしょう?とうちの奥さんに声をかけるのはまあ、ご挨拶がわりなのでそんなものだと思う。

家内はとても正直な人なので、旦那が大体やってくれるので全然たいへんじゃないんですよ、などと言う。

まあこの時点でその言葉を真に受ける人はまずいない。

家内はレンタルの着物を着ていたのでたいきを抱っこできない。

ご飯も食べさせられない。

なので、ずっと私が抱っこしてご飯を食べさせる。

まー、お父さんになついてていいね、なんて言われる。

結婚式なんていうのは子供にとっては退屈なもの。

すぐにぐずり始める。

ぐずらせたくないから、抱っこして式場を歩き回る。

10分、20分、30分、1時間、2時間。

結婚式も終盤になり、ようやく彼らは気付き始めた。

本当に私がずっとたいきを抱っこしてて、しかもその間たいきがまるでぐずらないことに。

それでも、本当にお父さんになついててすごい!などと言われる。

なついてるんじゃないのだ。

いや、なついてるけど。

だって、毎日ご飯食べさせてるのは私。

抱っこだって、出張で家にいないということでもない限り毎日してる。

毎日寝かしつけ抱っこをしていたのは私なのだ。

今だって、保育園に毎日抱っこで送っていくのは私なのだ。

たいきにとってはそれが当たり前。

なつくとかなつかないとか、そういうことではない。

お母さんのことも大好きには違いない。

お母さんの抱っこがいやなんていうことは一切ない。

しかしそれと同じくらい私の抱っこはたいきにとって日常なのだ。

こんな当たり前のことを毎日やってるだけなのに。

なかなか理解されないのが面白かったし、悲しかった。

1 thought on “子供がパパになつくのは珍しいのか”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください