正しい保育園の選び方(これから保育園を探すご両親へ)

お父さんであること, 人気記事(1000シェア)

0歳から保育園に息子を通わせている実体験です。


Q. 設備の新しい保育園と古い保育園ではどちらが良いのでしょうか

A. 近いほうを選びましょう

Q. ベテランの先生が多い保育園と若い先生が多い保育園とではどちらが良いのでしょうか

A. どちらでもよいので近いほうを選びましょう

Q. カトリックの保育園と仏教系の保育園ではどちらがよいのでしょう

A. なんでもいいので近いほうを選びましょう

Q. 大手の経営する保育園と独立系の保育園ではどちらがよいのでしょう

A. とにかく近いほうを選びましょう

Q. (略)

A. 何が何でも、1分でも近いほうを選びましょう


保育園に入るときは想定できない人も多いと思う。私は正直想定していませんでした。私と同じように特に0歳児から入れる人は特に要注意です。

いいですか、登園はバトル、降園は試練の時です。

徒歩15分の距離を、ヨチヨチ歩きしたばかりの子供が歩いて通いたがる日が必ずきます。

お手手をつないで歩くのはとても楽しい。

でも、中腰で手をつないで歩くと確実に腰をやられます。

そして、いつもの3倍の時間がかかります。

ベビーカー、乗らない日が必ずきます。

そして、15分の道のりを12キロの子供を抱えて歩く日が必ずきます。

いいですか、人間が作るものには必ず限界があります。

そして、子供とは限界に挑戦する生き物です。

ベビーカーの安全ベルトなんて、子供は必ず抜け出せるようになります。

大して歩けるわけでもないのに、ベビーカーから降りるのだけはあっという間に一人前になります。

幼児だって見えない自由が欲しくて、裸足のままで飛び出すんです。

抱っこ紐だって、使わせてくれない日が必ず来ます。

暴れ、泣き叫ぶ12キロを抱えて歩くんです。

雨が降ってるんです。

片手で傘、片手で暴れる12キロ。

子供を濡らすわけにはいかないんです。

一休みしようと道に下ろすと、水たまりの中に寝転びます。

降りたいと暴れていたはずなのに、降ろすと怒るんです。

晴れた日には、道端に花が咲いてるんです。

ゴミが捨ててあるんです。

この前そこを、猫が通ったんです。

風が吹き、日が輝き、虫が飛びます。

塀という塀、マンホールというマンホール、

電柱、看板、アスファルト。

地面、花びら、お地蔵さん。

自転車にトラックに小石に枯葉に犬のウンチに干からびたミミズまで。

全てに触ってみたいんです。

全てが新鮮で、全てが冒険で。

そして、全てが宝物なんです。

しかも、毎日。

あなたは宝物を奪われそうになったら、どうしますか。

泣き叫びますよね。暴れますよね。抵抗しますよね。

子供も同じです。

全身全霊で、泣き叫びます。

あと5分で保育園につかなきゃ仕事に遅れるのに、です。

そして、こっち、と引っ張ると、寝転びます。

抱えるしかないんです。


大事なことなので何回でも言います。

登園はバトル、降園は試練の時です。

保育園は、近いところを選びましょう。

<参考映像>

降園時にずっと気になっていたものにとうとう触ることが出来て夢中で手を叩くたいき(1歳8ヶ月)。撫で回したり叩いたり、結局ここに10分以上いた。
どうしてもベビーカーに乗って欲しくて「これを持ってて!」とお願いしたところベビーカーに乗ってくれたたいき。この後ネギを袋から取り出して道路に投げ、それを私が拾ってる間に袋をひっくり返して中身を全てを道路にぶちまけた。

【関連】

「ぼくは絶対に子供を抱っこしない」というお父さんに感動した話

〈人気コンテンツ〉

世界一リアルな「出産立会い体験記」〜必死でライオンキングの歌を歌った(頭の中で)

・奥さんが子育て大変だという話をしてるのに「で、俺に何をして欲しいの」と答えるのはなぜ一番つらいのか

1才児と二人でラーメン屋に行ったはなし