ワンオペの日に限って台所がきれいになるのはダブルインカム世帯の理想の姿だった

夫であること

恥ずかしながら、我が家の台所は汚い。大体洗い物やらカラになった缶詰の空きカンやらがたまっている。平日はあまり食器を使わないだけに、さっさと洗えばいい程度のものがたまっていく。

まあ、お互いずぼらなので我慢できなくなった方が洗うし、土曜の朝はちゃんと朝ごはんから食べるので、ご飯を作る私がそのときに全部洗うことが多い。

もうこの時点で無理という人もいると思う。それはそれでいい。うちはそうじゃないってこと。

ところが、である。私が出張とか飲みとかで家を空ける日に限って、うちの奥さんは台所をきれいに片付けている。ただでさえお迎えも風呂も寝かしつけも一人でやらなければならない日に限ってだ。

私としては家事が山積みに残ってるといいな、と思いながら家にはいるのだけど、うっかりするとその他のことまでずいぶん手が回ってることが多い。

これを不思議に思っていた。

ところがある日、珍しく奥さんが泊まりの仕事で帰ってこない日に、風呂も終わり、絵本を読み、歌を歌い、寝かしつけがようやく終わってほっとひと息ついて気がついた。

とにかくひまなのだ。いつものようにゲームしてもいいし音楽聞いてもいいしヤフオク眺めたっていいのだけど、なんかちがうのだ。

そう。

私たちは、子供を寝かしつけてる間、そしてそのあとも、お互いスマホを眺めながらではあるけれど、ずっと会話しているのだ。今日見たニュース、保育園で聞いたこと、Twitterで仕入れた子育て情報、仕事の愚痴、今度の連休の予定。

他愛もない話だし、大して真面目に聞いてるわけでもない。「ごめん、いまなんのはなししてたっけ」なんてこともよくある。

それでもとにかく、私たちはよく話をする。そして、ひとしきり話すと二人で洗濯物を干したり、保育園に持っていくおむつに名前をつけたりする。

どうも、ひとりでスマホをいじってるといつもと違う。それで、たまってる台所の洗い物なんかを見て、今日のうちに片付けちゃおうなんて気になるのだ。

私たちは大してラブラブなわけでもないけど、どうやら家事をすることよりも二人で過ごす時間を優先していたらしい。

ということに気づいて、これって結構、今時の理想的な夫婦の姿のひとつなんじゃないかななんて思いながら食器を洗ったのだった。

まあ、奥さんに確認したわけじゃないから、向こうもおんなじ気持ちかどうかはわからないけど。