お父さんであること

1歳児とラーメン屋に行った話③(まだラーメンは出てこない)

店員さんが食券を持っていくと、たいきが動き出した。

椅子の上に立とうとするのでとりあえず靴を脱がせる。

「がっこ!」

だっこしろということだ。

まだ緊張している。

緊張しているときはとりあえずべったりくっつくのだ。

これが続くとご飯どころではない。

間合いが近すぎて、食べ物を口に持っていくことができないのだ。

なんとか緊張をほぐさなければ。

「すてきな店員さんだったね〜、たいきのごはんを持ってきてくれるってよ〜、おいしいんだよ〜いい匂いがするね〜」

と一言一言頷かせながら声がけ。

これは営業の手法で「YES」を繰り返すと次の言葉にも「YES」を返したくなるという話法。

「椅子の上に座れるかい?」

案の定、たいきは小さく頷いて椅子に座った。

よし。

これで、ごはんを食べさせる間合いになった。

と、今度は椅子の上に立ち上がるたいき。

止める間もなくラー油に手を伸ばす。

あわててたいきにつかまれたラー油のビンを押さえる。

「これはからいからね。たいきは触っちゃだめなんだ。おいしくないよ。ごめんね。」

たょっと不服そうだったがラー油のビンを離してくれた。

調味料を下げてもらわなかったことを後悔。

今は店員さんが1人しかいなくて、当然調理中。

持って行ってもらえる雰囲気ではない。

たいきの目は醤油とお酢を見ていることは明らかだった。

1歳児とラーメン屋に行ったはなし④

1 thought on “1歳児とラーメン屋に行った話③(まだラーメンは出てこない)”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください