サンソン・フランソワについてのメモ

子供に聞かせたい音楽

サンソン・フランソワ

1924年生まれ。生誕地はドイツ。フランス人。ピアニスト。

サンソン・フランソワの幼少期

5才でピアノを弾き始める。

6才のときに、彼の才能を認めたマスカニーニ(イタリアの作曲家、指揮者)のすすめでジェノヴァ、サンレモ、ミラノなどで演奏会を開催。

その後、イタリア諸都市、オーストリア、スイス、ドイツなどでリサイタルを行い、7才の時にユーゴスラビアを訪問してベオグラード音楽院から賞を授けられた。

サンソン・フランソワの音楽学校時代

8才で南フランスのニース音楽院に入学。10才で一等賞をとって卒業。

その後、アルフレッド・コルトー(20世紀前半のフランスを代表するピアニストのひとり)に認められてパリに呼び寄せられ、師事。

14才でパリ音楽院入学。マルグリット・ロン(20世紀前半のフランスを代表するピアニストのひとり、教育者)に師事し、16才で卒業。

サンソン・フランソワの国際的デビュー

1947年、23才で今も続くパリの国際的音楽コンクール、ロン=ティボー・国際コンクールの第1回優勝者となる。

欧州はもちろんアメリカにも活動を広げる。

1955年、フランス政府派遣文化使節としてソビエト連邦訪問。翌年には来日して独奏、協奏曲の数々を披露した。

サンソン・フランソワの録音

モノラル時代のLPをはじめ、ステレオに至るまで極めて多数の録音を残した。

レパートリーはショパンほぼ全曲、シューマン、リストのハンガリア狂詩曲全曲、プロコフィエフ、ドビュッシー、ラヴェル全曲(独奏曲)。

近代、現代寄りで、フランス寄り。

耽美的な嗜好と言っていいかもしれない。

サンソン・フランソワの演奏

屈指のショパン弾き。

即興的で、演奏に際しての気分を重視することから、時に「酩酊しているような」との批判もあるが、情緒的で豊かな詩情を持つ。

磨き抜かれた当代随一のテクニックと緻密な譜面解釈のもと、即興的なみずみずしさを前面に出した演奏に、ファンは多い。


サンソン・フランソワについてのメモ補足

このメモはサンソン・フランソワ/ラヴェル ピアノ作品全集(ANGEL RECORDS 東芝音楽工業株式会社、1968年?、赤盤)の付録冊子にある、大宮真琴の解説をもとに作成したものです。

1970年没。

【Amazonでサンソン・フランソワの商品を探す】

https://amzn.to/2R8yxvO

■たいきのパパをtwitterでフォローする

■ブログをメールでフォロー

メールアドレスを登録すれば、更新の通知をメールで受信できます。

6,472人の購読者に加わりましょう